抵当権抹消登記 HOMEへ
 抵当権抹消登記専門サイト。北海道、東北、関東、中部、北陸、近畿、中国、四国、九州各地域に対応。
<住宅ローン等の返済終了により、抵当権を抹消する場合。>

必要書類は、ほとんどが金融機関から送られてきますが、ご自身で用意しなければならない書類もあります。

以下を参考にチェックしてみてください。

<金融機関から渡された書類>
1.抵当権設定契約書

  裏側に「登記済」と記載された朱色の印が押されているものです。

2.抵当権解除証書

  抵当権を解除することを証明した書類で、金融機関により「解除証書」「放棄証書」「弁済証書」など呼び方がちがっています。
  解除証書を発行せず、設定契約書に解除する旨の印が押されてある場合がありますので、御注意ください。

3.金融機関からの委任状

  抵当権抹消登記用の委任状です。

4.代表者事項証明書(資格証明書)

  委任状に記載されている金融機関の代表者の代表権を証明する書類です。この証明書には、有効期限があって、発行日から3ヶ月以内のものしか使えません。

# 上記以外に、金融機関の合併等により名称や本店所在地が変更されていた場合には、履歴事項一部変更証明書(変更証明書)が含まれていることがあります。

<ご自身で用意する書類>

司法書士への委任状は、こちらで用意させていただきます。

氏名・住所変更があった場合は、住民票が必要となりますので、ご自身で用意していただくことになります。
忙しくて役所へ行く時間が取れない場合は取得の代行も行っておりますので、ご相談ください。

「手続きの流れ」のページへ戻る
トップページに戻る場合は、こちら ⇒ 抵当権